除湿で快適

除湿器の選び方

除湿機には小型の木造7畳用(鉄筋14畳)の種類から、大きいものなら20畳(鉄筋40畳)の広さでも対応するパワフルタイプもあります。
各電機メーカーから、機能の充実した除湿機が売られています。

 

除湿機で特に人気が高いといわれているのは、コロナが作り出したCD-P6311という除湿機となります。
コンプレッサー式除湿機で、電気代が約4円(1時間当たり)とお得になっています。
CD-P6311の除湿性能は、木造7畳、鉄筋14畳となり、1日につき5.6リットルの湿気の除去が可能です。
口コミでのコメントを読んでも、除湿機能はかなりよく、梅雨ようなジメジメした時期でも布団がいつもサラサラ、部屋干しの洗濯物もすっきり乾くので手放せないとの声が多いようです。

 

ボタンも数個で、操作も簡単なので誰でもが利用しやすい除湿機となっています。
そのうえ、サイズも小さめで、持ち運びが楽ちんという点もよく売れている秘訣の一つに数えられます。
手ごろな価格なので、高い種類を1台買うというのではなく、この機種をいくつかそろえて、湿気を取りたい部屋ごとに置くというのもよさそうです。
除湿機でハイブリッドのタイプではパナソニックが取り扱うF-YHGX120が好評を博しています。

 

木造11畳、鉄筋23畳の除湿も可能というパワフルタイプなので、その除湿量は1日あたり9リットルにもなります。
割と高めの価格でサイズも若干大きいのですが、ハイブリット式なので冬も利用可能で、1年間ずっと除湿機を稼働させたい人にはベストです。
スピーディに衣類が乾き、ナノイー機能がついているので部屋干の臭いも気になりません。
なお、東芝のRAD-N63や、シャープのCV-A100といった製品も注目されている除湿機です。