除湿機

除湿機

梅雨の時期は、湿気が増えて部屋の中の過ごしやすさが奪われます。
さらには、外に洗濯物を干すことが叶わず、部屋干しが多くなるので、ますますしめってイライラしてきます。

この梅雨時期に多くなる湿気を除湿機は除去してくれるのです。
除湿機を使うと部屋の湿気を取り、部屋で干した洗濯物に関してもうまく乾かしてくれます。
梅雨シーズンを上手に乗り越えるために導入したい除湿機ですが、電気代が気になる人も多いのではないでしょうか。
部屋で洗濯物を乾かすときに浴室乾燥を使うこともあるでしょうが、浴室乾燥はけっこう電気代がかさみます

梅雨の期間に毎回、浴室乾燥に頼っていると何万円にも電気代が積み重なってしまう場合もあります。
このような場合、電気代を節約できる除湿機を有効活用することをお勧めします。
コンプレッサー式に該当する除湿機ならコロナCD−P6311が最も電気代が抑えられ、1時間につき4円が目安となっています。

その他、東芝のRAD-N63や63DFXでは1時間4.7円の電力消費量となります。
除湿機のうちデシカント式の電気代は、コンプレッサー式の商品より多少は高くついてしまいますが、エアコンの除湿機能を使うより安くなります。
パナソニックF-YHGX120という種類は、価格が46,000円と若干高額ですが、1時間あたり6.4円の電気代で済みます。

タイプが同じデシカント式の除湿機でシャープのCV-A100という製品は、1日10リットルの除湿を実現するだけでなく、電気代が1時間当たり5.3円と安いのです。
家庭の電気料金と湿った嫌な季節を上手に乗り超えることを考えて、除湿機を有効活用すると良いでしょう。