除湿剤

除湿剤

日本には季節が4つありますが、四季の中には湿気の多い梅雨があります。
梅雨のシーズンにはジメジメして、肌にまとわりつくようで不快感を覚えますが、湿気は嫌な気分になる以外にも困った問題があるのです。

梅雨になるとその間、カビ、ダニなどが繁殖しやすくなります。
カビやダニはアレルギーの原因にもなり、体に害を与えるものです。
日常生活を健康に送るためには、湿度を適度に下げてカビやダニを減少させていくことが不可欠です。

ちなみに、窓を定期的に開けるなど、部屋の空気を入れ換えることも湿気を取り除くためには効果的な方法です。
とはいうものの、雨ばかり降っていると窓を開けて換気するのもできないケースもあります。

その際は、簡単に除湿を実現することができる除湿剤を利用するのもいいでしょう。
置くだけで部屋や押入れの除湿の役割を果たしてくれる除湿剤は、有名どころではドライペットや水とりぞうさんなどです。
除湿剤の取り扱いは単純で、貼ってあるセロファンを全部剥がして湿気を吸い取りたい場所に設置するだけです。
押入れなど収納場所に設置する時は、湿気というのは下にたまる性質があるので置き場所は下の方がよいですが、設置する場所を増やして四隅にすればさらに除湿力はアップします。

除湿剤をセットすると吸い取った湿気の水が容器内を満たしていきますから、定期的に確認して取り替えましょう。
最近までは使い捨てタイプが主流でしたが、近頃はゴミの軽量化に配慮して詰め替え式も販売されています。
除湿剤は、靴箱用やクローゼット用というように置き場所に対応した商品が取り揃えられていますから、利用用途を考えて選ぶと失敗しないでしょう。