新聞紙で除湿

新聞紙で除湿

気持ちの悪い湿気を取り去るために、除湿機を使っている人もいます。
限られた時期にしか使わず、買うことに躊躇している人のために簡単な除湿方法を伝授します。
一回読み終えると廃品回収の日を迎えるまで隅っこに重ねておく新聞紙ですが、新聞紙で除湿する方法もあるのです。
新聞紙を丸めた状態にして押入れの中に入れておくことで、押入れ内の除湿が手軽に行えます。

湿気を吸って、新聞紙にしんなり感が出たら別の新聞紙と交換しましょう。
重ねてある布団の間にほぼ1日分の枚数の新聞紙を挟めておくのも、押し入れの除湿効果は十分です。

湿気がこもりがちな脱衣所の除湿にも新聞紙を役立てることが可能です。
お風呂上がりに乗るバスマットも湿気がたまりやすく、気づかない間にカビが発生している場合も多く見受けられます。
バスマットのカビや湿気には、バスマットだけを敷くのではなく、下に新聞紙を約5枚置くといいでしょう。

バスマットを敷く前に新聞紙を入れるだけで、水分が吸収されて湿気を取ってくれます。
とはいえ、湿気を取り込んだ新聞紙をそのままにしておいては除湿効果はなく、水分を含んだ新聞紙にカビが発生してしまいかねませんので、3日を基準に新しい新聞紙と取り替えましょう。

さらに、押入れのように靴箱に除湿剤として新聞紙を使用することも可能です。
雨で湿った革靴などには丸めた新聞紙を入れ、2時間ぐらいで交換していくと自然乾燥よりも相当早く靴を乾かすことができます。
つまり、新聞紙には湿気を吸う力が大きいことが分かります。