エコな除湿

エコな除湿

湿気というのは家はもちろんのこと、人にとってもうっとうしいものです。
除湿機を駆使して除湿をするのが効率も効果も一番良いのですが、エコロジーを意識している人に合った省エネ、節電効果を期待しながら除湿できる方法も存在します。
除湿の最大のポイントは一定時間ごとに換気をすることです。

窓を開けることや、扇風機を最大限に利用することも湿度を下げるのに有効です。
除湿機などを使わない除湿では、新聞紙を使って押し入れを除湿する策はかなり人気です。
新聞紙と同じ具合に、洗濯用洗剤も除湿してくれます。
やり方はきわめてシンプルで、洗濯用洗剤のふたの端を少し切って押入れの中や洋服ダンスなどに置くだけでいいのです。

湿気を吸うことで洗濯用洗剤は固まった状態になりますが、洗濯の効果に変わりはなく普段通り洗濯に使うことが可能です。
洗濯洗剤を押入れの奥に入れておくと、除湿効果もさることながら芳香効果もあるので得をした気分になれます。

他にも除湿効果があるものは炭もよく知られています。
部屋に備長炭や竹炭などを置くことによっても、うっとうしい湿気を除去することができます。
インテリアとして炭をかごに入れてみるなどすれば、部屋に違和感なくマッチさせることができるでしょう。

それと、掃除の際にも活躍する重層にも除湿効果や消臭作用を望めます。
重層を容器に入れたら、重曹がこぼれないよう不織布を上にのせ除湿を行いたい箇所にセットするだけです。
重曹の除湿効果は3ヶ月から半年くらいなので時期を見て交換して、掃除などに使用しても問題ありません。
除湿機を買わなくても、工夫すればエコロジーに気持ちよい空間をつくることがてきるのです。